長野県、豚コレラの発生確認 愛知の養豚場から子豚

2019/2/6 11:01
保存
共有
印刷
その他

長野県は6日、同県宮田村の養豚場で豚コレラが発生したと発表した。豚コレラは岐阜県で広がっていたが、5日には愛知県が豊田市の養豚場でも発生した疑いがあると発表していた。この養豚場が宮田村の養豚場に子豚80頭を5日朝に出荷していたため、長野県は子豚の遺伝子検査を進め、うち79頭で豚コレラ陽性を確認した。

豚コレラが発生した養豚場に向かう作業員(6日午前、愛知県豊田市)

豚コレラが発生した養豚場に向かう作業員(6日午前、愛知県豊田市)

子豚を運んだ同じトラックで宮田村の養豚場が長野県松本市の食肉処理場に5日に出荷した豚38頭も12頭が陽性だった。

県は6日午前、阿部守一県知事を本部長とする緊急の特定家畜伝染病防疫対策本部会議を開催。宮田村の養豚場が飼育する約2400頭を24時間以内に殺処分し汚染物品とともに埋設処分することや自衛隊に災害派遣要請をすることを決めた。

豊田市の養豚場は1月以降、長野、岐阜、三重、滋賀、大阪の5府県に子豚を出荷していた。長野県によると、愛知県が4日に豊田市の養豚場で豚コレラの検査を開始していたが、検査結果を待たずに宮田村に子豚を出荷していたという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]