/

この記事は会員限定です

社会的課題こそ投資機会、SDGsファンド

[有料会員限定]

国連が定めた「持続的な開発目標(SDGs)」への関心が高まっている。これは2015年に国連で採択したもので、30年までに達成を目指す17項目の目標、例えば「飢餓をゼロに」「気候変動に具体的な対策を」などで構成されている。SDGsで掲げられた項目を経営計画に盛り込む事業会社が現れるなか、資産運用業界でも関連するファンドに関心が集まっている。

ニッセイアセット、託児所運営などに投資

ニッセイアセットマネジメントは18年2月に国内のSDGs関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1358文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン