/

この記事は会員限定です

SDGs 関西発の新風 世界の課題解決、万博もバネ

[有料会員限定]

社会課題の解決に取り組む関西企業が増えている。経済のグローバル化が進む半面、貧困や気候変動などへの対応も大きなテーマになっている。国連はこれらの課題の解決に向けて「持続可能な開発目標(SDGs)」を定めた。関西企業は独自の製品やサービスで役立とうとしている。2025年に大阪市で開かれる国際博覧会(大阪・関西万博)の追い風になると期待される。

保健 医療情報共有や蚊よけ塗料

IT(情報技術)などの先端技術を活用することで、誰もが健...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2453文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン