2019年6月25日(火)

科学技術、「量」では互角
米中衝突 ハイテク覇権(3)

2019/2/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1月3日、中国の無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」が月の裏側に世界で初めて降り立った。地球と直接交信できない裏側への軟着陸は技術的なハードルが高いとされてきた。「我々は大国の態度と風格を見せなければいけない」。技術責任者の呉偉仁氏は米科学者からの研究協力要請にも応じる余裕を見せる。

月は米国と旧ソ連が冷戦時に軍事力や科学技術、国家の威信をかけて競った舞台だ。だが米国は宇宙開発コスト削減のため民間…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報