星野リゾート、若者向け「BEB」全国展開へ

2019/2/5 19:03
保存
共有
印刷
その他

星野リゾート(長野県軽井沢町)の星野佳路代表は5日、若い世代向けに開発したホテルブランド「BEB(ベブ)」を全国展開する方針を明らかにした。「星のや」や「界」などと並ぶ5つめのサブブランドとして営業地域を広げ、低価格帯の若年層の需要を開拓する。同社の将来のファン獲得の機会を増やす狙いもある。

軽井沢町に5日開業したBEB5(ファイブ)軽井沢は1室2~3人の定員で、35歳以下は素泊まりの1室料金が1万6千円の固定制を採用した。同社の主力ブランドはきめ細かいサービスが強みだが、BEBは「ルーズさ」をコンセプトとして、グループでおしゃべりするスペースを広く取るなどした。

若年層の旅行参加率は減少傾向といい、新ブランドで若者の利用を掘り起こす。BEB5軽井沢で運営ノウハウを蓄積したうえで、出店地域や店舗数を詰める。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]