2019年2月20日(水)

一蘭が外食3位に、九州・沖縄の売上高

小売り・外食
九州・沖縄
2019/2/5 18:46
保存
共有
印刷
その他

帝国データバンク福岡支店が5日発表した2017年度の九州・沖縄の外食企業売上高ランキングによると、飲食店「やよい軒」などを展開するプレナスが15年連続で首位となった。豚骨ラーメン店を展開する一蘭が訪日外国人(インバウンド)らを集客し、3位に浮上した。

一蘭は前回の6位から順位を上げた。2位はファミレスを展開するジョイフルグループだった。

上位50社の売上高は計4931億円となり、16年度に比べて2%増えた。飲食店へのインバウンドの来店が増えたほか、新規出店などが奏功し2年連続で過去最高を更新した。

業態別では、飲食が同3%増の2562億円で3年連続のプラスだった。中食では持ち帰り弁当店を展開するプレナスの減収幅が前年に比べて縮小し、3年ぶりのプラスとなり、同1%増の2233億円だった。

16年度と比較可能な49社のうち、増収だったのは約7割の34社で、内訳は飲食が27社、中食が7社だった。損益面では黒字ながら減益となった企業が17社と3割以上を占めた。特に中食では、半数以上の8社が減益となり、人件費などが高騰するなか、収益環境の厳しさが増している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報