2019年2月20日(水)

厚労省が薬価への影響を精査 勤労統計を原価計算に活用

統計不正
経済
2019/2/6 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

不適切な調査が問題となっている毎月勤労統計が薬の公定価格(薬価)を決める際に活用されており、厚生労働省が影響を精査していることが5日、わかった。新たに保険適用される一部の薬の薬価には、過去の毎月勤労統計などを目安にした労務費が反映されるためだ。過去の統計データが修正されたため、製薬業界から薬価への影響を懸念する声が出そうだ。

医療保険が適用される薬の薬価は、中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報