/

宇宙眺めた近江の奇才 国友一貫斎関連資料(もっと関西)

時の回廊

江戸後期の近江国(現在の滋賀県)に、国産初の反射望遠鏡をはじめ様々な品を生み出した科学技術者がいた。名を国友一貫斎(1778~1840年)という。その業績を再評価して広く知らしめようと、地元の官民が動き始めた。

1世紀先の発想

「1世紀先を行った人だった。ずば抜けた才能だったがために、継承者がいなかった」。一貫斎の望遠鏡を復元した「国友一貫斎科学技術研究会」の広瀬一実会長は、悔しそうに語る。

一貫斎はオランダからの輸入品を参考に日本初の空気銃を作り、独自に改良して連発銃も開発。油を自動的に補充する灯明「ねずみ短檠(たんけい)」や鋼製弩弓(どきゅう)(クロスボウ)、懐中筆(現代の筆ペン)などを次々と考案した。「製作には至っていないが、飛行機の図面も引いた。江戸の発明家として著名な平賀源内より功績は大きい」と太田浩司・長浜市学芸専門監は力説する。

一貫斎が生まれた国友の里(長浜市国友町)は、堺と並ぶ火縄銃の一大産地だった。幕府御用の国友鉄砲鍛冶を束ねる「年寄」の補佐役の家に生まれた一貫斎は、若くして鉄砲造りの名手として名をはせた。

転機が訪れたのは39歳の時だ。腕を見込んだ彦根藩が慣例を破って年寄を通さず、一貫斎に直接発注したことから争いが勃発。年寄らが幕府に訴え、一貫斎も江戸に呼び出された。

江戸で才能開花

江戸滞在は訴訟が解決した後も続き、足かけ6年に及んだ。大都会での多くの出会いが、彼の奇才を一気に開花させた。国学者の平田篤胤ら多彩な専門家と親交を結び、大名家に出入りして様々な舶来の器物を実見する機会を得た。幕府御用の鉄砲鍛冶の立場が大いにものをいったようだ。

それからの一貫斎は発明と開発にまい進する。「空気銃の製作時には圧縮空気の原理を理解し、空気の重量を計測した記録がある。空気に重さがあることに日本で初めて気付いた」と太田さんは指摘する。

江戸の大名屋敷で目にしたオランダ製品を基に、国産初の反射望遠鏡を完成させたのは天保4年(1833年)。当時すでに屈折望遠鏡は国産化されていたが、総金属製で精緻な一貫斎の望遠鏡は格が違い、オランダ製品をしのぐ高性能を発揮した。

この望遠鏡で自ら月のクレーターや木星の2つの衛星などを観察し、詳細なスケッチを描き残した。さらに158日間にわたって太陽を観測して黒点を記録するなど、日本の科学史に大きな足跡を残した。「未知への好奇心が、彼のものづくりの原点だった」と太田さんは語る。

ただこれらの品々は、大名らに珍重されたものの、それ以上の広がりをみなかった。受け入れるだけの科学的、産業的な素地が日本でまだ育っていなかったのだろうか。

埋もれていた彼の業績を顕彰しようと昨年秋、地元で再評価委員会が結成された。長浜商工会議所副会頭の堀川隆幸・長浜キヤノン社長が委員長となり、藤井勇治市長らも参加。広瀬さんもメンバーの一人だ。

これまでに演劇などのイベントを2回催し、3月には講演会を開く。専門家らと連携し、関連資料の調査研究にも取り組む方針だ。「伊能忠敬のように、その功績が広く知られるようになってほしい」。広瀬さんらの思いは強い。

文 大阪・文化担当 竹内義治

写真 大岡敦

 《ガイド》長浜市国友町に一貫斎の生家が残る(非公開)。近隣の「国友鉄砲の里資料館」で国友鉄砲鍛冶や一貫斎の資料を展示中。JR長浜駅から湖国バスに乗り「国友鉄砲の里資料館前」下車。彼を描いた歴史小説に「夢をまことに」(山本兼一著、文春文庫)がある。「江戸時代の科学技術」(サンライズ出版)は業績を詳しく解説している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン