2019年6月21日(金)

阪急バス、運転士全員を正社員に 人手不足解消へ4月から

2019/2/5 17:10
保存
共有
印刷
その他

阪急バス(大阪府豊中市)は5日、4月以降に入社する運転士全員を正社員として採用すると発表した。バス業界では入社後一定の期間、契約社員として働く運転士が多い。人手不足の解消に向け、職場の環境や待遇を改善し、継続的な雇用につなげる。

現在在籍している契約社員の運転士約140人も4月から正社員にする。4月以降に入社する運転士は、すべて正社員として採用する。これまでは正社員への登用を前提に、入社後3年ほどは契約社員として採用していた。

バス業界では人手不足が深刻化しており、バスの減便や路線の縮小も相次ぐ。阪急は運転士の採用を強化し、乗り合いバス路線の維持を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報