/

この記事は会員限定です

ソフトバンク 「非通信」育成焦点に

初の決算 営業19%増

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)の国内通信子会社ソフトバンク(SB)が5日、上場後初の決算を発表した。2018年4~12月期の連結営業利益(国際会計基準)は前年同期比19%増の6349億円と過去最高だった。ただ政府主導の値下げや楽天の参入で通信料収入は今後揺らぎかねない。グループから切り離されたSBはライバルと比べて通信事業への依存度が高く、非通信分野での新たな収益源の開拓が必要となる。

SBの携帯電話サービスの収入は2%増だった。2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン