2019年2月17日(日)

スマート農業 収穫まで無人に Nexttech2030

科学&新技術
2019/2/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農家の高齢化や人手不足の解決に向け、ロボット農機やICT(情報通信技術)などを使ったスマート農業が注目されている。北海道大学の野口伸教授の研究室では複数の農機を無人で同時に動かしたり、ロボットアームで野菜を収穫したりできる技術の研究に取り組む。センサーやカメラで集めたデータを人工知能(AI)で解析すれば、生産性も高まる。2030年ごろには農業の課題解決に役立つ。

月明かりに照らされたカボチャ畑。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報