/

この記事は会員限定です

乾燥地で小麦栽培に挑戦 鳥取大、課題解決の研究

大学と地域

[有料会員限定]

2020年で源流の鳥取高等農業学校の創設から100年を迎える鳥取大学。農学部を軸に鳥取砂丘で積み重ねた課題解決の研究フィールドは、世界の「地域」へと広がっている。同時に、人口最少県を支える新たな地場産品の開発や新作物の普及など地域に根ざした貢献活動にも力を注ぐ。

鳥取高等農業学校の創設から間もない1923年。砂防造林の研究のため、湖山砂丘試験地が設置された。現在の乾燥地研究センターの前身だ。農学部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1580文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン