/

この記事は会員限定です

「北斗の拳」で地域にカツ 長野県佐久市が漫画塾

(まちづくり人づくり)

[有料会員限定]

「佐久市に来い!!」。東京・新宿のバスターミナルで異彩を放つ外観の高速バスがある。人気少年漫画「北斗の拳」の主人公ケンシロウや宿敵・ラオウらの姿や、力強い言葉が車体に描かれたこのバスの行き先は長野県佐久市。高速道路を走行中もひときわ目立ち、同市のPRに一役買っている。

同作品の原作者、武論尊氏が生まれた同市では近年、漫画を地域振興に生かす取り組みが活発化している。同氏が塾長の「武論尊100時間漫...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り890文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン