/

この記事は会員限定です

中国、フリマアプリ活況 新品志向に変化

ASIAトレンド

[有料会員限定]

中国で中古品を売買するフリーマーケット(フリマ)アプリが人気を集めている。メンツを重視し、新品へのこだわりが強かった中国の消費者。だが、景気への先行き不安から節約志向が広がり、同アプリを中心とする中古品取引額は年5千億元(約8兆1500億円)を超えた。

「子どもの成長は本当に速い。でも捨てるのも罪悪感がある」。遼寧省大連の主婦、王清さん(33)は2歳の娘が成長するたび、ほぼ未使用の服や紙おむつ、お...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り830文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン