/

この記事は会員限定です

FX損失補填の疑い、東郷証券を強制調査 監視委

[有料会員限定]

中小証券の東郷証券(東京・港)が複数の顧客に対し、外国為替証拠金(FX)取引で生じた損失を補填していた疑いのあることが5日、市場関係者の話で分かった。証券取引等監視委員会は金融商品取引法違反(損失補填等の禁止)の疑いで同日午前、同社本社など関係先の強制調査に乗り出した。近年の証券業界で損失補填の疑いが明らかになるのは極めて異例。

関係者によると、補填の原資は架空の外部委託費から捻出していたとみら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り506文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン