2019年9月22日(日)

政府、領海拡大へ海洋調査 19年度に測量機 対中境界線交渉に備え

2019/2/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は日本の領海や排他的経済水域(EEZ)の範囲を広げるため、満潮時に海面下に沈む「低潮高地」を探す海洋調査に本格的に乗り出す。未確認の低潮高地が見つかれば領海などの新たな基線となる。2019年度から専用の測量機や観測装置を導入する。将来の中国などとの境界線画定交渉に備え、科学的根拠に基づき日本の海洋権益を主張できるようにする。

政府関係者によると、日本周辺海域では未確認の低潮高地が多く、日本の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。