/

トルコ、インフレ20%台続く

【イスタンブール=佐野彰洋】トルコ統計局は4日、1月の消費者物価指数(CPI)が前年同月に比べ20.35%上昇したと発表した。2018年12月の20.3%からほぼ横ばいだった。インフレ率が20%を超えるのは5カ月連続で、食料品の価格上昇が押し上げ要因となった。

米国との対立激化を受けた昨夏の通貨急落で輸入物価が上昇し、18年10月のインフレ率は25%に達していた。物価上昇の抑制に向けた中央銀行の金融引き締め策は、消費や投資の低迷につながっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン