2019年9月22日(日)

「神の島」学んで還元 県立広島大 宮島の魅力を再発見
大学と地域

大学
2019/2/5 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界遺産・厳島神社のある宮島(広島県廿日市市)。日本を代表する観光地として外国人客が増え続けるこの島は古代から「神の島」として幅広く信仰を集めてきた。埋もれた史実を掘り起こし、魅力の再発見につなげているのが、県立広島大学の宮島学センターだ。

「厳島神社と石見銀山。無関係に見える2つの世界遺産は、毛利元就を接点にすると、強い結びつきがあったことが分かるんです」。同センターの公開講座で初代センター長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。