2019年7月23日(火)

ちふれHD、女子サッカーチーム 運営子会社設立

2019/2/4 22:00
保存
共有
印刷
その他

選手の競技環境改善にも取り組む(4日)

選手の競技環境改善にも取り組む(4日)

化粧品メーカーのちふれホールディングス(埼玉県川越市)は4日、埼玉県の女子サッカーチーム「ちふれASエルフェン埼玉」(なでしこリーグ2部)を運営する子会社を設立したと発表した。ちふれHDは同チームのトップパートナーを務めていた。財政面の支援のほか、化粧品事業で培ったノウハウを生かしてファンを開拓し、チームの経営基盤を強化する。

2日に解散した従来の運営主体であるNPO法人から、新会社のエルフェンスポーツクラブ(埼玉県狭山市)がチーム運営を引き継ぐ。新会社の社長には、ちふれHDの西崎祥晃執行役員が就任した。資本金は2億円で、初年度の売上高目標は1億2000万円。自治体と連携してスポーツ振興にも取り組む。

女子サッカー界では働きながら、夜や休日に練習する選手が多い。新会社の西崎社長は「金銭や体力的な面で競技と生活を両立させるのが難しい環境にある」と強調。チーム運営と選手の競技環境を改善する考えだ。ちふれHDの片岡方和社長は「売上高2億円を目指し、将来は独立採算で活動できるプロチームにしたい」と話す。

ちふれHDは2013年から、練習や試合も勤務時間と認める「スポーツ枠特別社員」制度を導入し、選手14人を雇用。飯能市内に整備したグラウンドのほか、研修施設をクラブハウスとして提供している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。