/

この記事は会員限定です

長岡技科大の山口教授 魚の長距離輸送を研究

(新潟創造人)

[有料会員限定]

長岡技術科学大学(新潟県長岡市)は微生物を使って水を浄化し、生きた魚の長距離輸送や陸上養殖に活用する研究に取り組んでいる。水産資源の安定確保や活魚の流通促進などが期待される。研究の中心的役割を担う山口隆司教授に現状や今後の目標を聞いた。

――生きたブリの長距離輸送の実証実験に成功しました。

「回遊魚のブリは生きたまま長距離輸送するのは難しい。2017年秋に鹿児島県長島町から約1300キロメートル離...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン