/

この記事は会員限定です

外国人に生活保護を支給すべきか

憲法のトリセツ

[有料会員限定]

憲法は外国人の人権をどこまで認めているのか、の続きです。論争の的になることが多い生活保護の支給の是非を取り上げます。

憲法が定める基本的人権の保護対象について、書きぶりが条文によって異なる、と前回指摘しました。(1)日本国民(2)何人(=すべての人)(3)明記されていない――の3通りです。そして明記されていない政治活動の自由について、最高裁が外国人には半分くらい認めるという感じの判決を出したことを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1799文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

憲法改正をめぐるニュースが増えています。 憲法が果たす役割とは何でしょうか。今後どう改憲論議が進むのでしょうか。 このコラムでは実際の判例や歴史を交えて、憲法のわかりやすい「取扱説明書」をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン