消費税の不正監視一段と 税法解釈で企業と対立も
真相深層

2019/2/4 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年10月の消費税率引き上げを控え、国税当局が消費税の税務調査に力を入れている。18年7月には消費税事案の情報収集などを担当する専門チームを各地で発足させた。悪質事案の摘発が進む一方、税法の解釈を巡り処分された企業側が強く反発する案件も出始めており、攻防は激化している。

「過去も同じ方法で申告していたが急に課税処分を受け、納得できない」。都内の東証1部上場の不動産会社の担当者は東京国税局の…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]