/

日本アルコン、眼内レンズ挿入 白内障手術を安全に

日本アルコン(東京・港)は、白内障の手術に使う眼内レンズ挿入システム「クラレオン・オートノミー」を発売した。眼内レンズをレバーの操作で自動挿入できるため、安全で簡便に手術を行える。使い捨てで価格は12万円(税別)。

発売した「クラレオン・オートノミー」

白内障の手術では濁った水晶体を取り除き、その位置に人工水晶体(眼内レンズ)を挿入する。従来はまず眼内レンズを挿入システムにセットし、執刀医が手で押すようにして眼内レンズを挿入していた。今回のシステムは、眼内レンズがあらかじめ搭載されており、指でレバーを押すだけで炭酸ガスの圧力で眼内レンズが自動挿入される。挿入速度はレバーで調整でき、片手で操作可能だ。眼内レンズの素材や設計も見直した。

白内障は失明要因の首位とされる疾患。国内で年間約140万件の手術が行われており「高齢化に伴いさらなる増加が見込まれる」(日本アルコン)という。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン