2019年2月20日(水)

NY地下鉄の15カ月全面運休、州知事介入で突如回避へ  (グローバルViews)
ニューヨーク 西邨紘子

グローバルViews
コラム(国際・アジア)
北米
2019/2/7 3:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ニューヨーク市民20万人が利用する地下鉄「L線」の補修に伴う15カ月の長期運休が、4月の工事開始を目前に一転して回避の見通しとなった。1月、ニューヨーク州のクオモ知事が、独自に作成した工事の代替案をひっさげて突如介入。運休を避ける新案に切り替えを求めたためだ。補修計画は3年前に発表され、沿線では既に住民が転居を始めるなど影響が出ていた。トップダウンでの突然の方針転換に、市民は首をかしげている。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報