2019年8月25日(日)

勝負はこれから

フォローする

新風吹き込む新人・小園 生まれ変わる広島の旗印
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2019/2/5 6:30
保存
共有
印刷
その他

セ・リーグではV9巨人以来の4連覇を目指す広島。丸佳浩(巨人へ)が抜けた苦境を逆手に取るように、若い力を用いて、チームの刷新を図っている。高校出の新人としては異例のキャンプ1軍抜てきとなった小園海斗(18、兵庫・報徳学園)が、生まれ変わるチームの旗印となっている。

昨年、鳴り物入りで入団した中村奨成(広陵高)も、1年目の2017年に1軍出場した坂倉将吾(日大三高)も、春のキャンプは2軍からスタートした。高校出の選手に関してはじっくり育てる広島の慣行からすると、小園の1軍入りは相当のサプライズ人事だった。

多分に「チームは生まれ変わるんだ」とのメッセージを込めた政策的な狙いが含まれているようにもみえたが、どうやら、そうではない。

小園は左投手を苦にしない。ロングティーの飛距離も徐々に伸びてきた

小園は左投手を苦にしない。ロングティーの飛距離も徐々に伸びてきた

左打ちの小園。キャンプ初日のフリー打撃の相手は左投手だったが、苦にするでもなく、右に左にフェンス近くまで打球を飛ばした。「自分の思った通りのバッティングができたのはよかった」

左投手も右投手も苦にせず、広角に打てる打撃、遊撃の守備に走力を併せ持った小園への評価には高校の同期組の大阪桐蔭・根尾昂(中日)、同・藤原恭大(ロッテ)に勝るとも劣らないものがあった。ドラフトで4球団が競合した逸材は日々、器の大きさを示しつつある。

自主トレで重点的に下半身鍛える

「体力が全然ない。体つきも細いので、鍛えたい」とキャンプ前日に話した。だが178センチ、83キロの体は見た目にそんなに細くない。

2日、キャンプの視察に訪れた松田元オーナーは「ケツがでかい」と感心した。その昔、野球選手の力はお尻をみればわかる、といわれた。

オーナーもそうした"お尻派"らしく、すっかり魅了されたらしい。小園自身、自主トレなどで下半身を重点的に鍛えたといい、実際、腰回りが大きくなったそうだ。鍛え抜かれた先輩たちとは、筋肉の質など「中身」が違うのかもしれないが、堂々たるものだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
11日のロッテ戦で通算100本塁打となる6号2ランを放つ栗山=共同共同

 18年間、プロ野球の西武ひと筋でプレーしてきた栗山巧(35)が通算100号に到達した。1本の本塁打より、2本、3本の安打の方がうれしいと話すが、ライオンズの伝統を受け継ぐチームの顔の記念碑には、やは …続き (8/20)

西川は高めのボール球でもやすやすとスタンドまで運んでみせる=広島共同

 アマチュアの世界ではご法度とされる悪球打ちも、プロの世界では華麗なショーになりうる。今、その「曲打ち」の妙を楽しむなら、広島・西川龍馬(24)がお薦めだ。
 7月24日の中日戦。先頭打者として左打席に …続き (8/6)

19日のオリックス戦、中村は通算400号となる一撃で延長戦にけりをつけた=共同共同

 史上5位のスピード記録となる出場1611試合目にしての400号を放った西武・中村剛也(35)。パワー、技術が不可欠なのはもちろんだが、記録を可能にした一番の要素は、どんなときでも半端なスイングはしな …続き (7/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。