/

10月末の発着延長合意 成田の地元、開港以来初

成田空港の機能強化計画に基づくA滑走路の発着時間の延長時期を巡り、千葉県と成田市など空港周辺の9市町、国土交通省、成田国際空港会社(NAA)は4日、同県芝山町で4者協議会を開き、今年10月末からの早期延長を正式合意した。延長は1978年の開港以来初めて。

4者は2018年3月、原則午前6時から午後11時までに限ってきた発着時間を、2本ある滑走路のうちA滑走路で20年の東京五輪・パラリンピックまでに翌午前0時まで延ばすことを合意したが、開始時期は未定だった。

国交省とNAAは、20年3月末からの夏ダイヤではなく、今年10月末からの冬ダイヤでの早期延長を求めていた。NAAが急ぐ背景には、羽田空港が20年春から東京都心上空を飛ぶルートを新設して国際線増便を目指すなど空港間競争がある。

NAAの夏目誠社長は1月の記者会見で「早く延長し、成田の使い勝手を航空会社にアピールしたい」と話していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン