/

千葉小4女児死亡、母も逮捕 父と共謀し傷害疑い

(更新)

千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、県警は4日、傷害容疑で逮捕した父の勇一郎容疑者(41)と共謀し、心愛さんに暴行したなどとして、母のなぎさ容疑者(31)を同容疑で逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

千葉県野田市が公開した、栗原心愛さんが父からの暴力被害を訴えた学校アンケートの自由記述欄=共同

捜査関係者によると、県警は勇一郎容疑者の暴行を制止しなかったことが、共謀に当たると判断した。

なぎさ容疑者には1月24日、勇一郎容疑者が心愛さんに冷水シャワーを掛けるといった暴行をした際、黙認するなどした疑いが持たれている。

県警は、なぎさ容疑者が勇一郎容疑者からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていた可能性があるとの情報を把握しており、関与の度合いを慎重に調べる。

事件当時、心愛さんの妹(1)も含め4人が自宅にいた。なぎさ容疑者はこれまでの任意聴取に、勇一郎容疑者が事件前、心愛さんを夜中に起こして立たせたことについて「ずっと立たせるのはやめてと言ったが、聞いてもらえなかった」と話していた。

一方、心愛さんを2017年11月7日~12月27日に一時保護した千葉県柏児童相談所は、なぎさ容疑者が保護中、「娘が父から暴力を受けているのを見て、止めようとした」という趣旨の話をしていたと明らかにした。

一家が野田市に転居する前の17年8月まで住んでいた沖縄県糸満市によると、同年7月、心愛さんが勇一郎容疑者からどう喝され、なぎさ容疑者がDVを受けているとの情報が親族から糸満市に寄せられた。

千葉県警によると、勇一郎容疑者から今年1月24日深夜に110番があり、救急隊員らが死亡している心愛さんを発見。翌25日に傷害容疑で勇一郎容疑者を逮捕した。司法解剖で死因は分からなかった。

事件を巡っては、心愛さんが17年11月「父からぼう力を受けている」と記した学校アンケートの回答コピーを、野田市教育委員会が勇一郎容疑者に渡したことが判明している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン