あおり運転防ぐ、社会の目「誰でも起こす」自覚を(風紋)

2019/2/3 21:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

後方から猛スピードで迫る乗用車。バックミラーにヘッドライトが映らないほどまで接近するや「邪魔だ」とばかりにクラクションを鳴らす――。運転中にあおり運転の被害を受けたドライバーは多いだろう。もしかしたら、あおった側の人もいるかもしれない。

夫婦2人が死亡した2017年の東名高速道路の事故を機に、あおり運転への批判が高まっている。1月には堺市でバイクの大学生をはねて死亡させた男が殺人罪で有罪判決を受…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]