空飛ぶクルマ、19年にも全国4地域で実証
ボーイングやエアバスも参加検討

2019/2/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省と国土交通省は電動・自動で垂直に離着陸して移動する「空飛ぶクルマ」で、東京、大阪、福島、三重の4都府県と連携し、本格的な実証試験を2019年中にも始める方針だ。国内メーカーに加え、欧州エアバスや米ボーイングが参加を検討。渋滞緩和や救急搬送、物流での活用が期待されており、早期の実用化をめざす。

空飛ぶクルマはドローン(小型無人機)やEV(電気自動車)の技術を応用し、複数のプロペラを電動で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]