/

この記事は会員限定です

アリババ、バイドゥ…中国「BATIS」の野望

米中衝突 ハイテク覇権(1)

[有料会員限定]

「十年一剣を磨く。5Gの世界標準を獲得した」。2018年9月、中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の創業者の娘、孟晩舟副会長は故郷・四川省成都の講演会に登壇し、赤いドレス姿で満面の笑みを浮かべた。

中国専門誌によると、次世代高速通信「5G」関連特許に占めるファーウェイの割合は29%でトップ。スウェーデンのエリクソン(22%)や韓国サムスン電子(20%)を上回る。実用化でも先行し、ファーウェ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン