2019年4月20日(土)

1月、世界で異常気象 寒波の北米、豪州は猛暑 北極の氷融解影響

2019/2/3 16:31
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=共同】世界気象機関(WMO)は3日までに1月は北米が寒波で記録的な低温となった一方、オーストラリアでは猛暑により観測史上最も暑い月となるなど世界各地で異常気象に見舞われたと発表した。ターラスWMO事務局長は「北極地方で大量の氷や雪が融解していることが北半球の気象パターンに影響している」とし、一連の異常気象と地球温暖化の関連を指摘した。

北米では北極の寒気が気流の変化により流れ込んだため、米東海岸やカナダなど広い地域で低温となった。米中西部ミネソタ州では30日、体感温度が氷点下53.9度の猛烈な寒さを記録した。

欧州のアルプスでは大雪となり、オーストリアのチロル地方では1日からの15日間に100年に1度といわれる451センチ超の積雪を観測、スイス東部でも平年の2倍の降雪だった。

一方、季節が夏となる南半球ではオーストラリアが熱波に襲われ、アデレードで最高気温46.6度を記録。降水量は平年の38%にとどまり、南部タスマニア州で山林火災が多発、4万ヘクタール以上を焼失した火災も起きた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報