日産 企業統治改革の委員会、2回目の会合開く

2019/2/3 19:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車の企業統治改革を議論する「ガバナンス改善特別委員会」が3日、2回目の会合を開いた。西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)らからヒアリングし、なぜカルロス・ゴーン被告による不正を防げなかったのかについて、議論した。

西川社長は、ルノーの求めに応じ、取締役メンバーを刷新する予定の臨時株主総会を開く意向について説明した。

会合は5時間に及んだ。次回は15日に開く。委員会はゴーン元会長の不正を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]