/

この記事は会員限定です

食の知財、不正排除 「夕張メロン」「神戸ビーフ」…

日欧、EPA発効受け調査

[有料会員限定]

政府は2019年度から日本国内で欧州の食品のブランド名称を使った模倣品が流通していないか調査を始める。1日発効した日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)には双方の「地理的表示(GI)」を保護する規定がある。食の知的財産と呼ばれるGIを保護する姿勢を日欧で打ち出し、知財侵害の批判がある中国への抑止効果も期待する。

GIは「夕張メロン」や「神戸ビーフ」などのように生産地と食品を結びつけたブラン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン