/

この記事は会員限定です

アップル・ショックの深度

市場混乱1カ月、米・中・日に影響広がる

[有料会員限定]

株式市場に「アップル・ショック」を引き起こした2018年10~12月期の売上高見通しの引き下げから約1カ月。市場の混乱は落ち着いたものの、世界に影響が広がっている。地域別にその深度を探った。

米アップルが1月29日に公表した2018年10~12月期決算は、成長回帰に向けた課題を浮き彫りにする内容だった。主力スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売減速を端末の単価上昇と音楽配信などサービ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5188文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン