/

この記事は会員限定です

師の夢胸に 粘りの一手 将棋棋士の杉本昌隆さん

(ストーリー 中部発)

[有料会員限定]

金曜の夕、プロ棋士を志す小学生らが集まってきて教室に小気味よく駒音を響かせる。名古屋市で「杉本昌隆将棋研究室」を構えたのは2015年春。「天才・藤井聡太の師匠」が肩書のようになる前のことだ。

藤井七段の師匠

熱心な将棋ファンが多い愛知県だが、在住するプロ棋士は自分と藤井七段の2人だけだ。「藤井のライバルになる弟子を育てたい」。後進の育成と、将棋の普及に力を注いできた。その姿勢は師匠の板谷進九段から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン