/

この記事は会員限定です

患者役の地域住民に学ぶ 千里金蘭大(キャンパス新景)

[有料会員限定]

「大丈夫ですか」。1月中旬、大阪府吹田市の千里金蘭大看護学部の実習室。女子学生がベッドでせき込んだ患者役の女性に声をかけた。だが体調に関する会話は続かず、話題が移った。指導教官はせきへの反応が鈍いと指摘。「患者さんの言葉や表情から真意をくみ取るように」と助言した。

2017年度から地域のボランティアが患者役を演じる「模擬患者」を授業に採用した。同級生同士の演習だけでは患者とうまく話せない学生が多い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り302文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン