/

この記事は会員限定です

最高益アマゾン 変調の芽

リアルの逆襲/アジア苦戦/データ活用に規制

[有料会員限定]

米アマゾン・ドット・コムが31日発表した2018年10~12月期決算は、純利益が前年同期比で6割伸びる好業績だった。アマゾンは便利なネット通販で人々の消費生活を変える一方、既存の小売業には変革を迫る。だが北米ではウォルマートなどリアル店舗が反転攻勢に出始めたほか、アジアの新興国では苦戦も目立つ。盤石にみえるアマゾンにも死角が浮かび上がってきた。

■北米でリアル店舗「反撃」

18年10~12月期の売上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン