/

この記事は会員限定です

渋谷 通過駅にするな 「オモハラ」の集客力活用

TOKYO大変身 老いる東急沿線(上)

[有料会員限定]

渋谷駅の南西に広がる東京都渋谷区の桜丘町。現在この付近一帯は白いフェンスで封鎖されている。その広さおよそ1万7000平方メートル、フェンスの外周は実に1キロメートル前後におよぶ。内側に並ぶマンションや雑居ビルなど50棟超は、解体工事を待つばかりだ。

ここは東急グループが仕掛ける渋谷再開発の現場。東京急行電鉄の高橋和夫社長は「100年に1度と呼ぶにふさわしい開発。東急グループの総力を挙げた一大事業だ」と力を込め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1477文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン