山形大が経営改革、企業会計導入 付属校のあり方も検討

2019/2/4 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山形大学は企業的な手法を取り入れた経営改革を進める。組織改革として大学付属の小中学校のあり方を巡り県や国に協議の場を設けるよう要請する。財務改革では4月から企業会計を全面的に導入するほか、教員の人件費管理を各キャンパス長に委ねる。国が大学への交付金を減らすなか、事業の必要性に踏み込んだ改革を通じて教育・研究体制の維持向上を図る。

大学の付属校を巡り山形県への移管など適切な運営手法を巡り協議を呼び…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]