クラフトビール、石川で芽吹く独自色 地元原料 酵母自在に

2019/2/3 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本酒の銘醸地である石川県で独自のクラフトビールが芽吹いている。わくわく手づくりファーム川北(石川県川北町)は自社で栽培した麦とホップで国内外を開拓。金澤ブルワリー(金沢市)は自前の「実験室」で20種もの酵母を自在に培養し、新味を開発する。クラフトビールは大半が小規模事業者。小回りが利く強みを生かし、新たな道を開いている。

「新幹線の中でこのビールを売ってくれませんか」。北陸新幹線の金沢開業1年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]