/

この記事は会員限定です

新幹線、手荷物検査は4秒で JR東など開発目指す

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

日本の大動脈である新幹線。世界に広がるテロなどの脅威をどう防ぐかは大きな課題だ。航空機のように乗客の手荷物を検査したくても、現状では改札での混雑が避けられない。高速鉄道の利便性を保ちながら、いかに安全を担保するか。静岡大学発スタートアップのANSeeN(浜松市)はJR東日本と組み、現状より大幅に短い時間で検査できる装置の開発を目指す。

「乗客の手荷物は4秒で安全性を確かめられます」――。ANSeeNの小池昭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1728文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン