2019年4月26日(金)

中国電、インドネシアで水力発電 25%出資へ

環境エネ・素材
中国・四国
2019/2/1 20:15
保存
共有
印刷
その他

中国電力は1日、インドネシア北部の北スマトラ州で水力発電所事業に参画すると発表した。同社が海外で水力発電を手掛けるのは初めて。インドネシアで同社初の発電事業となる。同国の発電事業者の株式を、中国電がシンガポールに持つ子会社を通じて25%取得する。取得額は非公表。国内の競争環境が厳しくなるなか、海外での収益源の確保につなげる。

参加するのは「パカット発電所」で、出力は1.8万キロワットの小型。2016年4月から商業運転を始めており、インドネシアの国有電力会社向けに販売している。中国電はこれまで培ってきた水力発電のノウハウを伝えるといった協力をする。海外の発電事業に参加するのは4件目。

中国電が出資する事業者やその親会社が今後インドネシアで展開する水力発電所にも参画することを検討している。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報