/

この記事は会員限定です

ポイントカードの「足跡」捜査 企業判断で任意提供

真相深層

[有料会員限定]

ポイントカード、電子マネーカード、交通系ICカード――。暮らしの中に定着する様々なカードの履歴情報が、容疑者などの「足跡」をたどる資料として犯罪捜査に使われている。多くの企業は法律に基づく照会に応じて任意で情報を提供している。プライバシー性の高い情報では裁判所の令状を求めることもあるが、判断基準や実態は一般利用者に見えにくい。

東京都内にあるA社の店舗でレンタカーを借り、埼玉県内のB社のコンビニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン