/

この記事は会員限定です

米、中国に合意履行の検証迫る 貿易協議で首脳会談へ

市場開放など進展、技術移転など溝残る

[有料会員限定]

【ワシントン=原田逸策、鳳山太成】米中両政府の閣僚級貿易協議が1月31日終わった。中国の市場開放など一定の進展があったが、米国は合意の履行を検証する枠組みづくりを迫った。中国による技術移転の強要、国有企業への補助金の問題でも溝が残った。中国側は2月下旬にも首脳会談を開いて決着を図る段取りを描くが、合意はまだ見通せていない。

「(合意の)履行、履行、履行だ」。31日午後、トランプ米大統領と劉鶴副首相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン