2019年6月27日(木)

ストライプ、衣料品の発注数量を2割減
値引き販売脱却へ AI活用し効率化

2019/2/1 17:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カジュアル衣料大手のストライプインターナショナル(岡山市)は、衣料品の発注数量の削減に踏み切る。2020年1月期の発注数量を前期より2割削減。これまで過剰な在庫を解消しようとして、値引き販売につながっていた。発注数量を減らして、値引きを減らすことで利益率の改善を目指す。人工知能(AI)を使った効率的な販売システムも導入する。同社が発注数量を削減するのは初めて。

ストライプでは、在庫増による値引き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報