/

この記事は会員限定です

地震研究、AIで進化 防災・減災 より高精度に

[有料会員限定]

観測や経験に頼っていた防災や減災にかかわる地震の研究に、人工知能(AI)を活用する動きが進む。海洋研究開発機構は観測データを補うデータをコンピューターの模擬実験(シミュレーション)で作ってAIに学ばせて、震源の推定に利用した。東京大学はビルや地下街などの揺れ方の詳細な予測を実現した。発展すれば、地震のメカニズム解明などにも役立つと期待されている。

従来の地震研究は実際の観測データから理論を組み立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン