/

この記事は会員限定です

CO2再利用、G20に新戦略 経産省が新組織 石炭火力への理解求める

[有料会員限定]

経済産業省は1日、二酸化炭素(CO2)を産業で再利用する戦略を検討する担当部署を設置すると発表した。研究開発の重点分野を選定して計画を策定。6月に日本で開く20カ国・地域(G20)関連会議で方針を示す。CO2排出が多い石炭火力発電への批判が強まる中、再利用に注力することで国際社会の理解を得る狙いがある。

資源エネルギー庁内に「カーボンリサイクル室」を設置する。研究対象の一つとして重点的に進めるのが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り524文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン