2019年3月26日(火)

ハクサイやレタス、2月も安く 農水省の卸値見通し

サービス・食品
2019/2/1 15:05
保存
共有
印刷
その他

農林水産省が1日に発表した2019年2月の野菜卸値見通しによると、調査対象14品目のうちハクサイ、レタス、ダイコンなど6品目が平年(過去5年平均)に比べて20%以上安くなる。好天で生育が順調なことから、2月も安値基調が続きそうだ。

ハクサイなど6品目が安値で推移する見通し(都内のスーパー)

ハクサイ産地であるJA北つくば(茨城県筑西市)によると「大玉傾向で生育が進んでいる」。レタス産地を抱えるJA静岡経済連(静岡市)の担当者は「気温が高く1~2週間ほど生育が早く進んでいる」と話す。

平年並みとなりそうなのはホウレンソウ、ネギ、キュウリなど7品目。平年より20%以上高くなる見通しはタマネギのみだった。収穫が終わった北海道産が出荷される時期だが、夏場の天候不順で不作傾向だった。

東京・大田の青果卸は「値上がりの材料は少ない」と予想する。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報