「アマゾン・エフェクト」に影 最高益も成長鈍化懸念

2019/2/1 14:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=平野麻理子】米アマゾン・ドット・コムの成長鈍化懸念が強まっている。31日発表した2018年10~12月期決算では3四半期連続で最高益を更新したが、北米を中心に売上高の伸びは鈍化が目立つ。小売業の旧来秩序を揺るがす同社の急成長は「アマゾン・エフェクト」と恐れられたが、米ウォルマートなどは逆襲に出る。海外でも規制対応にも追われるなど、競争環境が厳しくなってきた。

アマゾンの18年10…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]