2019年6月17日(月)

鶏卵、再び生産抑制策 15年ぶり安値で発動

2019/2/1 15:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鶏卵の安値が続いている。1月の平均卸値は前月比で4割ほど下がり、15年ぶりの安値をつけた。これを受けて日本養鶏協会(東京・中央)は今年度で2度目となる生産抑制事業を発動した。鶏の飼育数が増えて卵の供給が急増する一方、鍋やおでん向けの需要は盛り上がりを欠く。スーパーなどでは特売が広がっているが、供給過剰は当面続く見通しだ。

指標となるJA全農たまご(東京・千代田)の取引価格は現在、東京地区のMサイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報